同窓会の活動

ホームカミング

■上田女子第5回生の皆様が母校を訪問【H30/10/28】

 10月28日上田女子短期大学第5回生で学生時代を紫苑寮で過ごした皆様が母校をお尋ねくださいました。卒業後 「紫苑の会」と名前を付けて定期的に同級会を開いているそうです。
 今回は前日に鹿教湯温泉に宿泊され、28日に短大にお寄りくださいました。
なかには卒業以来 初めて学校に足を踏み入れた方もおられ、教室 北野講堂、森の教室 お茶室等々見学して「この部屋で勉強したよね」「こんなに施設が良くなったんだね」「校舎も中庭も明るく素敵になったね」等々会話が弾んでいらっしゃいました。
 それぞれの道で頑張っていらっしゃる皆様。またの再会を誓って明るく元気に手を振って帰途につかれました。
 同窓生皆様 どうぞ気軽に母校をお尋ねください。お待ちしております!

  • ホームカミングデー
  • ホームカミングデー

■2003年3月卒業生、母校で同期会を行いました 【25/10】

ホームカミングデー

2003年3月の幼児教育学科卒業生が、母校を会場として同期会を行いました。

 10月26日、台風27号の日本列島横断で雨模様となった土曜日の午前、子どもを抱っこしたり手を引いたりし会員が大学に集合しました。学生の祭典「学海祭」の一般公開日で、キャンパスは若々しく華やいだ空気に包まれていました。

 午前11時、17番教室を会場として同期会がスタート。会は幹事それぞれの挨拶から入り、恩師の市東先生が「乾杯」の発声と大学の現況についてお話くださいました。懐かしい口調で語ってくださる先生は、在学中の授業そのままでした。そして、皆で近況報告や学生時代の思い出話に盛り上がりました。時にはぐずり出す子どもをあやしながらの場面もありましたが、仲間との語りは懐かしく、時間はあっという間に過ぎていきました。閉会後、定期総会に出席したり、「学海祭」の展示物や露店を見て回わったり、それぞれが思い出のキャンパスを後にしました。 今回は、卒業後10年が経ち「節目として同期会をおこなおう!」と呼びかけて、初夏の頃から準備を始めました。当日の参加者は会員20名とその家族で、県内を始め、遠くは京都や新潟市からも出席しました。

 また、お子さんの急病で欠席となってしまった発起人で幹事長の春原(滝沢)英里さん宅からは、ご主人とお子さんが参加してくださいました。
 皆の応援により、第1回同期会が実現しました。

  • ホームカミングデー
  • ホームカミングデー

■ 幼児教育学科ホームカミングデー開催 【25/6/30】

 6月16日(日)、幼児教育学科平成24年度卒業生のホームカミングデーが本学 において開催されました。

 参加者は例年よりやや少なめでしたが、和やかに、ゆっくりと語り合う姿が見受けられました。職場での互いの現況を伝え合い「ああ、解る。そうだよねー」と共感したり、先生方とお話して「あー、すっきりしたー」と笑顔を見せてくれたりしました。また、施設・保育園・幼稚園に勤めて2年目の先輩方の意見発表のコーナーでは、真剣に耳を傾け、強くうなずいている姿が印象的でした。

 社会人となって二ヶ月余。仕事の疲れも出てくるこの時期に、この催しが少しでも皆さんのお役に立ってくれればと願っております。

  • ホームカミングデー
  • ホームカミングデー

■ 本州女子1回生の皆様が母校を訪問 【25/3/7】

 3月7日(木)、上田女子の前身である本州女子短期大学1回生12名の皆様が来学されました。 卒業後44年が経過。この間2回の同期会が開催されましたが、今回は、時間の余裕も出来たので懇親会の前に「ぜひ、母校を訪ねてみよう」と企画され実現に至りました。

 当日は、春日和の塩田平の地に予定よりも早く入られ、上田市自然運動公園や長野大学キャンパス周辺など、夕方宿泊のホテルのマイクロバスでドライブされました。 母校に到着後、学生ホールで大学関係者も交えての茶話会を行いました。 始めに、同窓会副会長の兎束淑美教授より歓迎のご挨拶と、笠井常任理事より大学の現況とこれからの取り組みについてのお話がありました。参加者の皆様は興味津々と聞き入っていらっしゃいました。  

 続いてキャンパス見学に入りました。 学生ホールから、森の教室(階段教室)、茶室、紫苑寮(学生寮)、附属幼稚園、附属図書館へと進み、本館に周られました。開学当時は本館1棟でスタートし「体育」や「音楽リズム」の授業は大教室で受けられたこと、器楽の個人練習はオルガンが用意されていたなど、当時の学びの様子を見学の合間にお話くださいました。そして、北野講堂・器楽演習室を周り前庭で記念撮影が行われました。 参加された皆様からは、「母校が素晴らしくなって嬉しい」「見学出来て良かった」「とにかく懐かしい。一度は訪ねてみたかった」等の感想と合わせ、「私たちは母校の発展をいつも願っております」と力強いエールを頂きました。

 いよいよ懇親会会場へ。 今回は、同じ1回生が女将としてご活躍の上山田ホテルです。 マイクロバスの窓から大きく手を振られ、母校を後にされました。 同期会のご盛会をお祈りいたしております。

  • ホームカミングデー
  • ホームカミングデー
ページの先頭へ戻る

制作・監修/上田女子短期大学同窓会 Copyright © Ueda Women's Junior College Alumnae Association.