• 園長ごあいさつ:上田女子短期大学附属幼稚園

    園長

    人生を木にたとえると・・・幼児期は“根っこ”です。

    その根っこに、今どんな栄養が必要なのか―それを考え続けるのが私たちの仕事です。附属幼稚園には、体や心が思わず動き出したくなるような環境がそろっています。

    広い園庭、緑豊かな裏山、短大の施設など。思いっきり贅沢な環境だと自負しています。

    原体験で出会った「不思議」や「魅力」、「葛藤」は子どもたちを育てます。私たちは、子どもとともに「答え」や「感動」を見つけにいく課程を大切にしています。

    「自分のことが好きな子」「自分を出せる子」「仲間といることが大好きな子」を育てます。ここで安心して過ごした、大切にされた、思いっきり遊んだ体験は、いつまでも記憶に残ることでしょう。私のモットーは『子どもが主役』です。

    園長水野 美恵

  • 教育目標:上田女子短期大学附属幼稚園

    1. 生き生きしている子ども

      毎日をのびのび積極的に生き、生命の躍動している子ども

    2. 健康な子ども

      心もからだも強い、自立する心、耐える力をもって、独り立ちする子ども

    3. 心の豊かな子ども

      自然や他者への思いやり、協力する心を育て、社会の中で共に生きる子ども

    教育方針:上田女子短期大学附属幼稚園

    • (1)集団生活の中でひとりひとりの個性を尊重し、その力を十分伸ばす保育を行なう
    • (2)幼児にふさわしい保育プログラムにより、充実した保育を行なう
    • (3)望ましい人間関係を育てる保育を行なう
    • (4)恵まれた自然環境を十分生かして、豊かな人間性を培う保育を行なう
    • (5)幼稚園と家庭とよく連絡をとり、共に望ましい幼児教育を行なう
    • (6)保育内容は、文部科学省「幼稚園教育要領」による
    • (7)上田女子短大の施設を利用したり、幼児教育学科の教授陣の助言や、学生との交流、
        協力を得て理論的にも実践的にも充実した保育を行なう
  • ページ上部へ戻る