1. 現在位置:
  2. ホーム>
  3. キャンパスライフ>
  4. 大学からのお知らせトップ>
  5. 第37回総合文化学科公開講座1のお知らせ

大学からのお知らせ - 上田女子短期大学

  • 第37回総合文化学科公開講座1

    「外から見た信州方言」

    隣接県の多い長野県。「お隣さん」から見た「おらほの方言」について、研究者の方々にお話しいただきます。

  • 日程・内容

    1

    【日時】
    1月28日(土) 13:30~15:00

    【テーマ】
    新潟方言から見た信州方言

    【内容】
    「方言に残る古語」をテーマに、新潟県との県境付近(阿賀北/秋山郷)に観察される歴史的な古音を考察します。具体的には、全国的にほとんど類例のない発音がこの地域に聞かれること、それらと古文献との間に奇妙な一致が見られること、その一つひとつが古式ゆかしい中央語の名残と受け取れることをお話しします。

    【講師】
    大橋 純一 氏 (秋田大学 教育文化学部 教授)

    2

    【日時】
    2月18日(土) 13:30~15:00

    【テーマ】
    群馬方言から見た信州方言

    【内容】
    信州方言では、「つもい」「(鍵を)かう」「へら」「まえで」「じっと」「~かや」「とぶ」などがあるそうですが、上州(群馬)でも使うのは「かう」「~かや」「とぶ」です。お隣同士の信州方言と群馬方言は、何が同じで、何が違うのでしょうか?会場の皆様と一緒に、群馬方言と比べつつ、信州方言を学びたいと思います。

    【講師】
    佐藤 髙司 氏 (共愛学園前橋国際大学 学長補佐 教授)

    3

    【日時】
    2月25日(土) 13:30~15:00

    【テーマ】
    静岡方言から見た信州方言

    【内容】
    静岡県と長野県の方言は、ラ・ズラを使うところなど似ているところが多く、山梨県とともにナヤシ方言とまとめられています。その一方、静岡県と長野県は交通環境などに違いがあり、それが言葉の違いに反映することもあります。では、どのようなところが似ていて、どのようなところが異なるのでしょうか。それを具体的に見ていきたいと思います。

    【講師】
    木川 行央 氏 (神田外語大学大学院 教授)

    4

    【日時】
    3月4日(土)13:30~15:00

    【テーマ】
    山梨方言から見た信州方言

    【内容】
    「人の流れは言葉の流れ」、隣接する信州と甲州は方言もよく似ていて、同じ言語ファミリーに属します。山梨の伝統方言の特徴を言い回し(表現法)を中心にいくつかとり上げる中で、信州方言と見比べながら、その歴史についても触れてみたいと思います。

    【講師】
    秋山 洋一 氏 (山梨県立大学 名誉教授)

  • 会場

    上田駅前ビル「パレオ」2階会議室

    参加費

    無料

    申込み

    開校日の2日前までに、 メール・ハガキ・FAXに「希望のテーマ名」・住所・氏名・TEL番号を明記のうえ、 下記のあて先までお送りください。(電話申し込みも可)
    (当日の受付、1テーマのみの受講も可能です)

    問い合わせ

    上田女子短期大学 地域連携センター
    〒386-1214 上田市下之郷乙620 
    E-mail:chiiki@uedawjc.ac.jp
    TEL:0268-39-7061(直通) 0268-38-2352(代表)
    FAX:0268-39-7062

    (お申し込みいただいた方の個人情報は厳重に管理し、適切に取り扱いさせていただきます)